top of page

中3生にとって大事なテスト

みなさんこんにちは。

岩出市のトータルスタディ学習塾 予備校の塾長です。

嬉しいことに当塾ではすでに大学受験を終えた生徒も少し出てきました。


さて、今回は「中3生にとって大事なテスト」というタイトルで進めていきたいと思います。

中学校のテストはどれも大事といわれてしまえばそれまでなのですが、和歌山県の高校入試に必要な

内申書に関わる最後のテストがもうすぐ始まります。

内申書の入試時の影響度合いは高校によっても違いますが、高校入試には中1、中2の学年末、中3の1学期、2学期の成績の合算値で判断されます。当然、部活も含む学内外の活動も考慮されますが、やはりしっかり必要な分の成績を取るに越したことはないですよね。

だからといってもう無理だとあきらめる必要はありません。今までも何人も逆転合格をした子をみてきたので、内申書の評定平均が足りない場合であっても、しっかり勉強し、入試の点数を上げることができれば当然合格の可能性は上がるということも知っておいていただければと思います。


そういった意味でも最後の締めくくりにふさわしい点数を採ってもらおうといつもより早めに準備するようにしています。

受験勉強と学校の勉強の両立は生徒たちにとっては大変だと思いますが、今回のテストを終えればしばらくの間受験勉強に専念できますね。

特に中3生のこれから受験までの勉強姿勢は、塾生全体にいい影響を与えてくれると思っています。

また受験勉強は頑張れば頑張るほど、勉強する体力がつくので、これからの学びにもすごくいい影響を与えてくれるでしょう。


私たちは勉強する体力をつけてあげることが子どもたちの将来の可能性を広げると思っています。

そのために、少しでも勉強が苦にならない環境を作ることが大事ですね。

楽しく一緒に学び今年もまた生徒たちと成長したいと思います。


みなさん頑張っていきましょう。


塾長


Opmerkingen


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page