top of page

英検の2次試験(speakingテスト)

みなさんこんにちは。

岩出市のトータルスタディ 学習塾 ・ 予備校の塾長です。

最近はまた感染者数の増加が気になるものの、大学受験(AO入試・公募推薦)や専門学校受験の子たちに関しては

試験が重なるので体調面には気を付けなければいけませんね。


当塾はというと、先週くらいからテスト期間に入り、みんな熱心に勉強をしています。

頑張った分が結果として出るということは明らかなので、継続して勉強に取り組んでもらいたいですね。



今回の記事では英検の二次試験について書いていきたいと思います。

今回当塾では4名の子が英検の2次試験対策として、スピーキング(英会話)の練習を行いました。

英検の2次試験では、「リーディング」「Q&A」「アティチュード」の三項目が判断材料になります。


今回受けた子たちは英検準2級、英検2級の試験だったので、その対策として入退室時のふるまい方やレベルに応じた英会話、文章を音読する練習などを行いました。


スピーキングの練習をしていると文法や単語を知っていてもやはりすぐに話ができないものだと改めて感じさせられます。

中には前日の夜遅くまで電話で練習する子もいましたが、練習した子たちは無事全員合格することができました。

特に夜遅くまで頑張っていた高3の女の子はほぼ満点で合格することができていました。


日頃から自分で英語を使う練習をしないとすぐに思ったことがいえないものですね。

何気ないことを【簡単】に英語で話することができるようになることはすごく重要なことだと思います。

専門家や少し話せる人が使うような、独自の言い回しや、スラングのような崩した意味の単語、専門的な単語を必ずしも

使えなければいけないということではありません。


練習をしていて全員に共通していえることは、英会話を難しく考えすぎだということです。英語はコミュニケーションをとるための手段であるということを忘れず、もっと簡単に考えればいいよと何度もアドバイスしていた気がします。

何かそういった壁を壊せる機会があればいいですよね。


海外旅行...海外研修...何か企画しできることを考えます。


トータルスタディ学習塾・予備校

塾長


Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page